気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石橋貴明、パーティ参加者が驚いた低姿勢ぶり
「和装の鈴木保奈美さん(46)に、長身でスーツ姿の石橋貴明さん(51)。出席者のなかでも、2人は特に目立っていました。石橋さんが、保奈美さんの様子を常に気遣っている様子だったのが印象的でした」(飲食店経営者)

10月29日、東京都内のワインバーには50人ほどの人々が集まっていた。フランスの有名ワイナリー『シモン・ビーズ』の当主パトリック・ビーズ氏の60歳の誕生日を祝うパーティが開催されたのだ。
「保奈美さんは’96年ころからワインスクールに通っていました。ビーズ氏の奥さんは日本人女性で保奈美さんとはスクール時代の友人なのです」(保奈美の知人)

保奈美のワイン友達の集まりに、石橋も同伴したようだ。

保奈美は9月30日にスペシャルドラマ『リセット~本当のしあわせの見つけ方~』(TBS系)に出演。14年ぶりの民放ドラマ出演で注目を集めたが、視聴率は11%とふるわなかった。スポーツ紙には「昔の名前通用せず 大惨敗」、女性週刊誌にも「見てると辛い」などと報じられた。そして、夫である石橋の方も”視聴率問題”を抱えている。

「10月21日にスタートした『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』(TBS系)は、ビートたけしと石橋という大物2人が初タッグを組んだことで話題になりましたが、初回視聴率は8・8%とひとケタ台でした」(テレビ局関係)

ビーズ氏ゆかりの貴重なワインや、フレンチのコースが供されるにつれ、会場は賑やかになっていった。そんななか、出席者を驚かせたのは、石橋の態度が実に低姿勢だったことだという。

「テレビで見ていると、ゲストや後輩芸人をイジりまくったりと、傍若無人なイメージだったのですが、受け答えも丁寧だったので驚きました。保奈美さんに『あの人は?』と、よく聞いていました。挨拶をされる前にリサーチをして、妻の友人たちに失礼のないようにしようと気を配っていました」(前出・飲食店関係者)

保奈美が女優に復帰してからは、石橋は13歳・11歳・10歳の3人の娘の送り迎えや家事なども手伝っており”低依存”でもあるという。さらに、すでに今後の生活に困らないほど稼いでいる。いまや石橋は、最近の結婚の人気条件である”低姿勢・低依存・低リスク”の”三低”夫になっていたのだ。


昔は三高でしたが
今は三低なんですね笑
それにしてもあの石橋がそれに当てはまるなんて笑
「無期限活動休止」後藤真希に浮上する「AV復活」
「これまで噂レベルでは何度も出ていたんですが、今回のは、どうやら本当みたいですね」(某カメラマン)

昨年末で芸能活動を休止した元モーニング娘。の後藤真希(27)に、仰天の復活話が浮上している。前出のカメラマンは続ける。
「実は、誰もが名前を知っている大物カメラマンA氏のところに、後藤サイドから"ヘアヌード写真集を撮らないか"という話があったようなんです。聞くところによると、彼女自身もA氏に対し、"私、脱いだら凄いんですよ"とアピールし、けっこう乗り気らしい。関係者で話を揉んでいったところ、"写真集だけでなく、映像も撮ろう"ということになったようです」

ヘアヌード写真集の流れで出る映像となれば、当然、アイドルのイメージビデオというわけにはいかない。
「AVですよね。ただ、どこまでの内容になるかは不明。本番挿入シーンはない"AIV(アダルトイメージビデオ)"に落ち着くのかもしれませんが」(前同)

AIVだとしても、G乳ともいわれる彼女の肉感ボディが拝め、擬似本番が見られるとなれば、ファンならずとも衝撃的な話だ。

AVメーカー関係者によると、「うちで出てくれるんであれば、1本でギャラ1億円は余裕で出しますよ」というほどの超高値がつく今回の"AV復活"話が浮上した裏には、後藤の現在の境遇があるという。
「元歌手で、窃盗及び強盗の罪で服役していた弟が最近、出所したそうなんです。すでに両親を事故で失っている後藤家では、彼女が大黒柱。弟と家を支えるために、後藤が"AV復活"を選択しても不思議はありません」(芸能記者)

はたして真相は……!?


今ならまだ注目されそうですね
値がつくうちに笑
さまぁ~ず大竹一樹“珍事件”下半身編集されず放送
 テレビ東京で“珍”事件が発生した。4日夜に放送された、同局の人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」で、お笑いコンビ・さまぁ~ず大竹一樹(44)の下半身が編集されずに、露出されてしまったようなのだ。この件は、東京スポーツが大々的に報じ、大手掲示板にも「放送事故」と指摘する、多くの書き込みが寄せられた。

 問題の映像は、露天風呂のシーン。大竹は下半身をタオルで覆っていたのだが、足をあげた際に露出。その映像は、編集されずに放送されてしまった。テレビ東京は「ご迷惑をお掛けした。申し訳ありません」と謝罪のコメントを発表したと、一部のメディアが報じた。


グラビアアイドルのポロリなどで
こんな事件が起こればいいのに笑
藤本義一に一喝されていた さんまと松本
 30日に死去した作家の藤本義一氏(享年79)を悼む声が相次いでいる。

 直木賞作家で深夜の人気番組だった「11PM」(日本テレビ系)の司会としても活躍。関西を代表する文化人だっただけに、上方落語界の大御所で人間国宝の桂米朝は「義一つぁんは関西にとって誇るべき人でした。私より先に逝ってしまうとは寂しい限りです」と語り、桂文枝は「悲しくて、悔しくて、寂しくて」とコメント。その他にも宮川大助・花子、オール巨人、笑福亭仁鶴、月亭可朝ら大物芸人が哀悼の意を表している。
 作家の麻生千晶氏もこう振り返る。
「10年以上前ですが、読売テレビ主催のヤングシナリオ大賞の選考を一緒に務めたことがあります。いろんな意見が飛び交う中でじっと皆の話を聞き、最後はやんわりと皆の顔を立てながらまとめていたのが印象的でした。食事をしていても他の人の皿を気にするほど気遣いの人。ソフトで温かかった人柄が偲ばれます」

 ユーモアを交えながら批評精神を忘れず、的確に物事の本質を見抜く慧眼(けいがん)の持ち主だった藤本氏。そんな氏と“犬猿の仲”だったのが「明石家さんまとダウンタウンの松本人志です」というのは演芸ライターだ。
「さんまは若手の頃に『11PM』に出演した際、下ネタを披露して藤本さんに“テレビで言っていいことと悪いことがある”と叱責されて以来、ずっと距離を置いてきました。松本はダウンタウンが駆け出し時代に、藤本さんが審査員を務める演芸大会に出場。その際に持ち時間を大幅に残したまま終わらせたところ“君たちは逃げた。卑怯(ひきよう)だ”と酷評されたそうなのです。その場は“二度と来るか! ボケ”と啖呵(たんか)を切ったそうですが、よほど悔しかったのでしょう。ベストセラーになった自著『遺書』の中で藤本さんの演芸評について『素人以下』『うすらバカ』とまでコキ下ろしていました」

 藤本氏の逝去について2人のコメントを聞いてみたいものである。
「客がミポリンを覚えてない」中山美穂主演映画が大コケ
 山口智子、鈴木保奈美、工藤静香ら、このところかつて大活躍した大物芸能人の妻である40代の歌手や女優が何かと注目を浴びる中、静香と同年代の中山美穂の2年ぶりとなる主演映画『新しい靴を買わなくちゃ』が大々的なプロモーションを経て公開された。

「脚本と監督を担当したのは、かつてテレビで『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(共にフジテレビ系)などのトレンディドラマを大ヒットさせた北川悦吏子。舞台は中山が現在住んでいるパリで、相手役には向井理がキャスティングされ、オシャレな作品に仕上がった。中山も、日本でのプロモーションに積極的に参加していたが……」(映画関係者)

 同作は北野武監督の最新作『アウトレイジ ビヨンド』と同じ10月6日に初日を迎えたが、2作の明暗はくっきりと分かれてしまった。

「2作はどちらも200スクリーン前後と同規模での公開だったのですが、『アウトレイジ』は初登場1位を記録し、すでに10億円を突破するスマッシュヒット。一方の『新しい──』は、猛烈にPRしたわりには公開3日間の興収が約1億円でランキング9位。翌週には早くもランク外となってしまった」(同)

 80年代にはトップアイドルとして君臨し、90年代にはヒットドラマに数多く出演して女優としての地位を確立した中山だが、すでに“過去の人”となってしまったのだろうか。

「今回の企画は、ずばり90年代の“トレンディドラマ”を見ていた層を狙ったものだった。だが、トレンディドラマにハマった年代である30代後半から40代前半は、映画館にあまり足を運ばない層なんです。それより下の、映画館によく行く20代から30代前半くらいの層は、“トレンディドラマ”に強い印象をもっておらず、そもそも中山美穂を覚えていない人も少なくない。この『新しい──』の不入りは予想できましたね」(芸能ライター)

 かつてテレビの隆盛と共にあったトレンディドラマのブームの火も、完全に消えようとしているのかもしれない。



私もトレンディドラマ世代ですが
今さら見ようとは思いませんね笑
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。