気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K-POPブームのけん引役は男女とも40代
 オリコンが発行する週刊誌オリジナル コンフィデンスは、K-POP&韓流人気の本質を解き明すべく、近年の音楽・映像・書籍のセールスデータをまとめるとともに、大規模なアンケート調査を実施した。この調査は予備調査として5月に実施した「生活価値観調査」の回答者(約1万1000人)に対して、約40組のK-POP アーティストについて認知・好意を聴取。そこで「好き」と答えた人へ向けて、さらにアーティストの認知経路やイメージ等の聴取を行ったもの(回答者数:4938人)。ファンの約7割が女性で、男女ともにシーンをけん引する役割を果たしているのは40代ということがわかった。

 調査によると、現在のK-POP ファンの構成比は女性が約74%、男性約26%と圧倒的に女性が主導となっており、また、男女ともに40 代がけん引役となっているという特徴が見られた。大人層の開拓はJ-POPシーンにおいてもテーマのひとつであり、K-POPがどのように同層を獲得していったのか、興味深いところだ。そこで、K-POP ファンとJ-POPファンの情報入手経路についても調査したところ、K-POPでは上位から、「情報番組」「音楽番組」「YouTube・ニコニコ動画」「家族・友人・知人の話」の順となったのに対して、J-POPでは、トップが「音楽番組」。続いて「公式ホームページ」が入り、その後、「情報番組」、ヤフーなどの「ポータルサイト」という順となった。

 これは、J-POPファンが公式ホームページや、ポータルサイトでアーティストの楽曲以外にも、幅広く活動を追い、アーティスト自身の情報を得ようとしているのに対して、K-POP ファンは動画サイトなどを通じた「楽曲+パフォーマンス」に興味が集中しているとも考えられる。アーティストの個性以上に、ビジュアル面での訴求が、40代のファンを獲得している要因のひとつとなっている可能性は高い。

 一方、性別・年代別のK-POP ファンの構成比を見ると、現在もJ-POP市場を支えている10 代は男女合わせて5.8%。これは日本人全体での10代の構成比率(8.4%)よりも低い数値となっており、K-POP には、10代を開拓できる余地がまだまだ残っていそうだ。

 上述までは、あくまでもK-POP&韓流ファン全体を見た結果からの推測である。同調査では東方神起、KARA、少女時代など、各アーティスト別にも認知度や評価、さらにファン層の分析を行っている。


私も40代ですし
K-POPは好きですね~笑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。