気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重賞初V騎手がウイナーズサークルで公開プロポーズ
 園田競馬で22日の10Rに行われた「園田プリンセスカップ」は、断トツ人気のアスカリーブル(牝2歳)が、メイレディの猛追を首差退け、秋の2歳女王の座に就いた。鞍上の大柿一真は、デビューから4年目でうれしい初の重賞制覇。田村彰啓調教師は開業から5カ月半で、兵庫県史上最速の重賞初制覇となった。

 メイレディ、ハリウッドレインが痛恨の出遅れ。アスカリーブルは好スタートから絶好の3番手をキープした。主導権を取ったのは笠松のピースキャンドル、2番手にセリアマリポーサ。道中は平均ペースで流れ、向正面を過ぎてマリポーサが失速して後退する。

 そんななか、リーブルが早めに仕掛けて3角で先頭に躍り出る。大柿は「自分が焦って、早めに先頭に立ってしまった。直線では馬が遊んでしまい、頑張ってくれという思いで追った」と冷や汗の勝利に胸をなで下ろした。

 この日の騎乗はこの重賞戦のみ。1戦入魂で答えを出した鞍上は「レース前は内枠のことなどを考えて、むちゃくちゃ緊張した」とプレッシャーをはねのけ、満面の笑みを浮かべた。

 勝利インタビュー終了後は、3年間付き合っていた新井淳子さん(23)に、中央ウイナーズサークルで公開プロポーズを敢行。マイクを受け取り「きょう勝てたらプロポーズすることを決めていました。僕と結婚してください」。彼女から“はい”という色よい返事をもらい、さらに笑顔をはじけさせた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。