気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性的不祥事に最も厳しいのは日本
ロイターと調査会社イプソスが共同で実施した世界的な調査で、性的不祥事に対して最も厳しい国は日本であることが分かった。一方、最も寛容なのはメキシコとなっている。

 性的スキャンダルをめぐっては、米国の裁判所から性的暴行事件の訴追が取り下げられたストロスカーン国際通貨基金(IMF)前専務理事が先週フランスに帰国したことが記憶に新しいが、米カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー前知事やプロゴルファーのタイガー・ウッズが不倫問題で離婚するなど、政界やスポーツ界の「スター」たちも世間を騒がせてきた。そうしたなか、性的問題に対する寛容さには、国民性で差があることが調査では示されている。

 今回の調査は、世界20カ国以上の約1万8700人を対象に実施。政治家や著名人の性的無分別さを「寛容できない、許せないと思う」と回答した人の比率は、日本が72%でトップとなり、以下、ハンガリーと韓国がそれぞれ69%、インドネシアが68%、フランスが66%と続いた。

 一方、「寛容できる」との回答が最も多かったのはメキシコの57%で、ベルギーの55%、アルゼンチンの54%、オーストラリアの53%、スペインの52%がそれに続いた。世界全体では、44%が著名人の性的不祥事を寛容できると答えている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。