気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャニーズ事務所の処分はなぜバラバラ?
“また”ジャニーズのタレントが不祥事だ。10人組グループ「Hey!Say!JUMP」の未成年メンバー・森本龍太郎(16)の喫煙写真が発売中の「週刊女性」に掲載されたことを受け、ジャニーズ事務所は森本を即刻無期限謹慎処分にした。
 それにしても、ちょっと振り返るだけでジャニーズ絡みの不祥事、不始末がオンパレードだ。
 06年には飲酒疑惑のNEWSの未成年メンバー(当時17)がグループを脱退し、芸能活動を自粛。NEWSはその前にも他の未成年メンバー(当時)が飲酒と喫煙騒動を起こしてグループを離れた。99年には飲酒と喫煙が発覚したジャニーズJr.4人が解雇処分を受けている。
 その一方で、疑惑がありながら“おとがめなし”のケースも。00年にジャニーズJr.時代の山下智久(当時15)の喫煙写真を写真誌が掲載したが、事務所は処分どころか「火の付いたたばこを先輩に持たされただけ」と擁護した。
 06年にKAT―TUNの田中聖に未成年時の喫煙疑惑が浮上した時も同様だった。

 また、2年前に“全裸泥酔”で現行犯逮捕され、家宅捜索された草なぎ剛はわずか1カ月謹慎しただけだったし、01年に公務執行妨害と道交法違反で逮捕された稲垣吾郎も半年足らずで復帰した。
 未成年の喫煙はダメだろうが、逮捕された成人の処分の方が軽いのは不公平ではないか。ジャニーズ事務所は恣意的に処分を下している気がする。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。
「事務所側の論理からすれば、不祥事を起こしたメンバーの処分に軽重をつけるのは当然という感覚でしょう。ブレークして“ドル箱”のグループは何としても守るし、ジュニア時代の山下のように将来性のある“金の卵”も擁護する。その一方で、際立った才能がなく、素行不良の目立つメンバーは事務所としては早く辞めさせたい。早めに芽を摘むことでリスクを軽減するということでしょうが……」
 いずれにしろ、芸能プロの処分はかなりテキトーということだろう。


テキトーというより
計算ずくですね笑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
8時だJという番組の収録前に、7スタ横の身体障害者用の大きいトイレで、吸っていた彼を思い出しますw
2011/07/03 (日) 07:26:16 | URL | #-[ 編集]
貴重な情報ありがとうございます
2011/07/03 (日) 17:16:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。