気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の紅白もK-POP無し
KARAも復活はしたけれど......
 昨年から続くK-POPブーム。昨年末の『第52回日本レコード大賞』(TBS系)では9人組ガールズグループ「少女時代」が新人賞を、男性グループ「BIGBANG」は「Tell Me Goodbye」で優秀作品賞を受賞した。

 このほか「KARA」や「東方神起」、今年に入っても6人組男性グループ「BEAST」やKARAの妹分として9月にメジャーデビュー予定の「RAINBOW」、さらに本国で大人気の「2PM」など、数多くのK-POP勢が日本に進出し、空前のブームを巻き起こしている。

 だが、ある業界関係者は次のように断言する。

「今はいいけど、年末はどうかなぁ。今年の『NHK紅白歌合戦』も韓流枠はゼロだと思うよ」

 昨年大みそかの紅白歌合戦で「出場はほぼ間違いない」と言われたBIGBANG、少女時代、KARAの3組が急転直下で出場を取りやめたことは記憶に新しい。

 「あの時は利権の問題や、韓国サイドと日本サイドの『紅白』に対する"温度差"が原因としてあった」(レコード会社関係者)というが、今年に関しては3月の東日本大震災の影響が大きいという。

 「今年の紅白は『日本全体が1つになろう』と、復興をテーマに行われることは間違いない。日本人歌手が優遇されるのは仕方のないこと」とは音楽関係者。だが、それ以上に紅白のキャスティングに大きな影響を持つと言われる芸能界の実力者たちは、福島第1原発の放射能漏れ事故が起きた途端、来日をキャンセルしたり、すぐに本国に戻った韓国グループの"脱日行為"を問題視しているという。

 音楽担当記者の1人は「業界の重鎮連中は時に『金』よりも『物事の筋』を大事にする。言い方は悪いが『日本から逃げやがったヤツが紅白にそう簡単に出られると思うなよ!』ってことですよ」と説明する。また、空前のK-POPブームの後押しを受け、それまで日本のレコード会社や芸能プロダクションを通して活動を行っていたグループが、それらを通さず韓国の所属事務所のみで活動しようと画策していることも、業界の重鎮の神経を逆なでしているという。

 「どのグループとは言いませんが、日本で売れたのは自分たちだけの力と勘違いして、仁義を欠いた行為をしようとしている。仮にそれを強行するようなことになれば、とんでもない圧力が働き、日本の音楽業界から締め出されるでしょうね」と推測するのはテレビ関係者だ。

K-POPブームに水を差すようなことにならなければいいが......。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。