気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Dポルノ映画、「アバター」を上回る
 「世界初の3D(3次元)ポルノ映画」をうたい、先週封切られた香港映画「3D肉蒲団」が、3Dの米SF大作映画「アバター」が持っていた香港における初日の興行収入記録を抜いた。制作会社の広報担当者が21日明らかにした。
 それによると、「アバター」の初日の興収が260万香港ドル(約2700万円)だったのに対し、「3D肉蒲団」は280万香港ドル(約3000万円)に上った。封切り後の同映画の興収は1500万香港ドル(約1億5800万円)を超えたという。
 中国の古典官能小説を基にした同映画は、貴族の官能世界を知った若い男がかつての妻こそ生涯の恋人であることに気付くというストーリー。生々しいセックスシーンが描かれており、日本人女優の周防ゆきこ、原紗央莉も出演している。制作費は320万米ドル(約2億6300万円)。
 香港では公開初日、映画館前に会社員や退職者、学生らが列をつくり、台湾でも15日に封切られた。制作会社は日本、韓国を含むアジアや欧州、米国でも強い関心を呼んでいるとしている。また、同映画の上映が禁じられている中国本土から香港や台湾への観賞ツアーを組む旅行業者も現れたという。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。