気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ「ドラえもん」に驚かない?
今年で原作40周年を迎える「ドラえもん」。筆者も子どもの頃に漫画やアニメでよく観ていましたが、大人になってふと思い返してみると、かなり不思議なキャラクターだと思います。だいたいネコ型といっても、まったくネコには見えないし…。恐らく年を取ったせいで、夢やファンタジーに対するキャパシティが失われたためかもしれませんが、教えて!gooには、筆者などはまったく気付かなかったこんな疑問が寄せられていました。

「町の人がドラえもんを受け入れているのは何故?」

投稿者は、ドラえもんはいつものび太と一緒に町を歩いているけれど、普通だったら誰もが「ロボットが話してる!」と驚くはず。ドラえもんが町の人々から無条件に受け入れられているのはなぜなのか、と書き込んでいます。まあ、そう言われてみれば、誰も驚かないどころかドラえもんはのび太の家に居候さえしています。これに対する回答としては、

   「作者やアニメスタッフが、そんなどうでもいいことは考慮していないから」(delta-reさん)

という生真面目なものから、

   「最初は驚いたのかもしれませんが、すでに町の人は皆ドラえもんを知っている状態なのかもしれません」(siffon9さん)

といった考証ものまで、さまざまでした。


■ドラえもんは「ネコ」だと思われているのか

似たような質問は、ほかにも寄せられていました。

「ドラえもんの姿に誰もびっくりしないのはなぜ」

こちらの質問を書き込んだtoppo2002さんも、作品の登場人物がドラえもんを見て驚かないことに疑問を持ったそうです。これについては、ドラえもんは「ネコ型ロボット」として開発されたため、町の人には「ネコ」に見えているのではないか、という見解が寄せられました。非常に言い得て妙です。

   「もっとも、タヌキに見えてしまうことも多いのですが(笑)」(cgy02110さん)

そういえば、ネコではなく「タヌキがしゃべった」と驚かれるシーンを、筆者も何度か観たことがあります。体が青いのにタヌキに見えるのか? という疑問はさておき、次のコメントは、このような邪念をすべて打ち消してくれる力を持っています。

   「藤子先生のモットー、『 SF(すこしふしぎ)』です。(略)…町の人が驚いたら…現実の町と変わりません。ドラえもんという非日常が日常にとけこんでいるのが『すこしふしぎ』です。ドラえもんという存在も、また、それを無条件に受け入れているのび太の町自体も、すこしふしぎだから味わいがあると思います」(nobitamanさん)

アニメは、観る人の気持ちの柔らかさをはかるバロメーターなのかもしれません。


最後の回答に
ものすごく納得しました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。