気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外と知らない「贈ってはいけないプレゼント」
結婚祝いや誕生日など、プレゼントを贈る機会は意外と多い。しかし、実は「贈ってはいけないNG品」があるのだ。これを知らないと、せっかくのプレゼントで「失礼なヤツ!」と思われてしまうかも。そこで、渋谷マナースクール「ライビウム」代表で、ドラマや映画のマナー・所作指導も手がけている諏内えみさんに、贈ってはいけないプレゼントについて教えてもらった。

「悪いことを連想させるものはNGです。具体的には、結婚祝いで“切れる”や“割れる”を連想させる刃物や陶器、引っ越しや新築祝いで“火事”につながるライターなど。4や9の数の品物も、“死”や“苦”を連想させるので、避けた方がいいですね」

また、一見実用的でも、裏の意味があるためNGのプレゼントもあるそうだ。

「靴や靴下は“踏みつける”という意味、筆記用具は“より勤勉に”という意味になるので、上司や目上の人に贈るのは失礼です。部下に贈るなら問題ありませんけどね」

ちなみに、“あげてはいけないプレゼント”は、海外にもある。たとえば、中国では時計がNG。中国語で「時計」の発音が“死を看取る”という意味の「送終」に似ているためだ。同様に、傘や扇子も“絶交”を意味する「散」に発音が近いのでNGだ。このような海外のマナーは、民族や宗教によって異なるため、同一国内で複数のルールがあることも多い。また、海外では日本以上に花言葉を重視するので、花を贈る際には注意が必要だ。

「同じ花でもいろいろな花言葉を持っているので、自分が伝えたい言葉とは違う意味で受け取られることもあります。伝えたい花言葉を添えておくのが無難でしょう」

しかし、こうしていろいろ見てくると、どうすれば失礼のないスマートな贈り物ができるかわからなくなってくる…。上手なプレゼントのコツを教えてください!

「NG品でも、相手が望めば問題ありません。ですから、サプライズの必要がなければ事前に何がほしいか聞くといいでしょうね。相手の気持ちを第一に考えてプレゼントすれば、きっと喜んでもらえると思いますよ」

マナーも大切だけど、やっぱり一番大事なのは心ってことなんですね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。