気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛のパラドックス
 恋がしたい。セックスがしたい。そもそも、こうした欲求は何のためにあるのでしょうか。本能的な面から考えれば、それは子孫を残すために他なりません。しかし、そこには多くのパラドックスがあります。

 男は気になる女性の気を惹くために、あの手この手を使ってアピールするものですが、それは人間に限ったことではありません。その代表格と言えるのがクジャクです。クジャクの雄は、雌の気を惹くために少しでも大きく羽根を広げてアピールします。しかし、これには大きな危険が伴います。なぜなら、羽根を広げているときに、キツネやイヌに襲われると、ひとたまりもなく負けてしまうからです。

 人間の男性でも、女性にいいところを見せたいがために、危険なことにチャレンジしたり、人前で強がったりすることは珍しくありません。また、たいていの男性はスレンダーな女性を好むため、女性はダイエットに勤しみますが、過度のダイエットは健康にいいとは言えず、出産に適しているとも言えません。

 子孫を残すためにやったはずなのに、自らの寿命を縮めてしまうというパラドックス。理学博士の池内了さんの著書『パラドックスの悪魔』によると、こうした生きるうえでのハンディをあえて採用し、雌の気を惹こうとすることを「ハンディキャップ原理」と呼ぶそうです。

 この「ハンディキャップ原理」を前提にするならば、恋愛とは命がけで取り組んでもおかしくない行為なのです。このところ草食系男子が話題となって久しいですが、子どもは欲しいけれど恋愛には積極的になれないという人は、考え方を改めるべきかもしれませんね。

『パラドックスの悪魔』 参照
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。