気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性専用車両に反対する会
 通勤ラッシュ時などに、電鉄会社が「女性専用車両」を運行していることはご存じの方も多いと思うが、この存在に異を唱え、「女性専用車両に反対する会」なる任意団体を作り、果敢にも車両に乗り込んで広報活動を繰り広げている人たちがいることは、あまり知られていないのではないか。

 今年3月下旬の夜には、私鉄列車内で女性客と言い合いになり、大もめした後に、電車を停止させるという騒ぎまで引き起こしてしまったのだが、活動を一向に止めようとしないこの会のメンバーに同行取材し、彼らの言い分を聞いてきた。

 4月9日午後7時ごろ、「女性専用車両に反対する会」の星野春彦関東本部長(50)、吉田佑司さん(26)ら男性7人、女性1人、計8人と東京・新宿駅西口交番前で待ち合わせした。

 第一印象は、大人しい感じのごく普通の皆さん。

 メンバーの説明によると「女性専用車両に男性が乗るのは違法ではない。まるで乗り込んだらイカンという印象を与えているが、任意の協力によって成立するものなのに『任意』の表記が全く無い。乗ったら違法だというような印象を与えるのは、鉄道営業法第3条の『運送条件の公告』に違反する」「実質的、強制的な男性排除を止めさせるために活動している」とのこと。

 私鉄線のホームに同行すると、急行の女性専用車両に乗るため、乗車位置で列を作っている約30人の女性がいた。

 「警告・『女性専用車』という名の一般車両から男性を降ろそうとすれば、刑法223条『強要罪』になります」などと書かれたプラカードを首から下げたり、手で掲げたメンバーがホームに現れると、列の女性客が一斉に振り返り、刺すような視線が…。

 数分も経つと、とうとうその列にいた女性から「気持ち悪~い」と罵声が浴びせられた。メンバーの男性が「失礼なことを言うなっ!」と近寄ると「来ないでーっ!さわらないでーっ!!」と悲鳴があがる。駅ホームはプチパニック状態である。

 内心「ひぇ~!」とヒヤヒヤしながら、この状況を見ていた私は、列車の到着を待っている周囲の人たちはどう思っているのだろう?と感想を聞いてみたのだが「(会の活動が)気持ち悪い」(20代・女性)、「女性専用車両があった方が、痴漢のえん罪も防げるのでは」(25歳・男性)、「(悲鳴を上げた女性を指して)あそこまで反応するのは過剰なんじゃないか」(30代・男性)と様々だった。

 間もなく男性駅員2人が駆けつけたのだが、「国土交通省からもちゃんと回答をもらっている。違法行為ではない」というメンバーの主張は間違いなさそうで、「なんとかしなさいよっ」と女性客に詰め寄られ、また会のメンバーから「広報の方を呼んだらどうですか」と言われてしまうなど、双方からたたみかけられても、なぜか応援を呼ぼうともせず、無言のまま静観しているのだった。

 そうこうしているうちに、列車が到着。

 プラカードを掲げたメンバーとともに私も女性専用車両に乗車したのだが、基本的に車両の女性客は我々を無視。しかし走り出した車内で会話しているメンバーに向かって「静かにしろっ!」と怒声を浴びせる女性がいるなど、ピリピリした、痛いくらいトホホな空気はそのままに「非協力乗車」は続いたのだった。

 この日の「非協力乗車」に参加した埼玉県上尾市の男性会社員(33)は「女性だけ優遇するのはおかしい。ご老人や障害者が、ラッシュ時にすし詰め状態の車両に我慢して乗っているのに、健康な女性たちが比較的空いている専用車両で楽をしているのは変だ」と持論を展開。唯一の女性参加者だった千葉県船橋市の主婦(56)は「私の夫は痴漢なんかしません。善良な男性が乗れない電車があるなんて、男性への差別になると腹が立って参加しました」と話していた。

 「女性専用車両」…、ラッシュ時の電車の中で、痴漢を働く卑劣な輩が後を絶たないのも事実なのだが、「男はみんな痴漢を働く可能性がある」として、男性を隔離する運行策のような印象も受ける。その一方で、痴漢のえん罪を防ぐ効果もある気がする。

 是か非かは判断が分かれるところだろうが、最後に、私が実際に目にした光景を1つ紹介しておきたい。

 会のメンバーと女性が駅ホームで言い合いしている最中、小学生の男女児を連れた30代と見られる夫婦、家族4人が発車寸前の先発列車に乗り込もうと小走りでやってきた。「間に合った~」とホッとした表情で列車に乗ろうとしたのだが、「女性専用」の表示に気づいた父親がビックリ!その4人は、慌てて他の車両へ向かってホームを走っていったのだった。

 これはこれでレアケースだったとは思うが…、皆さんはどう感じられるだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。