気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DoCoMoが世界初のセパレートケータイ
NTT ドコモは2010年3月23日、2009年度冬春モデルとして発表した、セパレートスタイルケータイ「docomo PRIME series F-04B」を、3月26日に発売する、と発表した。

「F-04B」は、ディスプレイとキー部分を分離できる世界初のセパレートスタイルケータイ。

普段はスライドケータイ、ディスプレイユニットのみでタッチパネルケータイ、ディスプレイユニットとキーユニットを分離するとセパレートケータイと、様々なスタイルを楽しむことができる。

セパレート状態では QWERTY キーでの操作が可能で、メール本文の入力などに便利。

またディスプレイユニットにオプションの「プロジェクターユニット」を取り付けることで、ワンセグ、静止画、動画などの投影が可能。

ディスプレイまたはキーユニットのどちらかが見当たらない場合には、「ケータイサーチ」機能を使えば、見当たらないユニットから音と光で場所を通知してくれるので、簡単に探すことができる。

電話をしながら、ディスプレイユニットでメール、電話帳、スケジュール、ドキュメントの確認や、iモードやフルブラウザでの検索、カメラ撮影も可能。

「ETGA(Ezure Tadashi Golf Academy)スウィングレッスン」を搭載。キーユニットのみでゴルフのスイング診断が可能なのでディスプレイユニットを見ながらスイングフォームのチェックができる。

1,220万画素の顔検出オートフォーカス対応 CMOS カメラを搭載。あらかじめ登録した人物の顔に優先的にピントを合わせる「サーチミーフォーカス(個人認識撮影機能)」、フォーカスを合わせた被写体を自動で追いかけてピントを合わせ続ける「トラッキングフォーカス」、「自動シーン認識」、「局所コントラスト補正」、「トリプルブレガード」など、充実の撮影アシスト機能を備えている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。