気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年、元気をもらったニュースは?
今年も残すところあとわずか。不況や新型インフルエンザ、政権交代など、2009年も印象に残る出来事がたくさんありましたが、そんな中、皆さんは何に“元気”や“勇気”をもらいましたか? アサヒビールのお客様生活文化研究所がインターネットで実施した、2009年の「元気をもらった出来事」に関するアンケートの結果を発表します!

今年1番“元気”をくれたニュースの第1位は、日本代表チームの「WBC」優勝。「『WBC』は、日本の前回の優勝がまぐれじゃないと世界に伝えることができて、本当に感動した」(30代・女性)、「粘り強くあきらめず最後までボールを追い掛けていく“サムライ”たちを観て、粘れば何とか路が開けると思った」(50代・女性)など、彼らが成し遂げた“2連覇”という偉業は、たくさんの感動と共に“元気”を与えてくれました。

続いて2位に入ったのは、プロ2年目・18歳で史上最年少の賞金王に輝いた石川遼選手。その若さに注目が集まり、日本中に旋風を巻き起こした“ハニカミ王子”という愛称も話題となりましたが、その実力も本物でした。3位にランクインしたのは、大舞台で見事な復活を遂げた、松井秀喜選手のワールドシリーズ制覇&MVPというダブル快挙! 来年は、新天地での活躍が期待されます。

4位以下もスポーツ関連の話題が多いですが、その中で6位にランクインした「『おくりびと』と『つみきのいえ』の米アカデミー賞受賞」は、“スポーツ界だけでなく、文化面でも世界に認められた瞬間”として、記憶している人が多いようです。また、8位の「日本の陸地では46年ぶりとなる皆既日食を観察」は、子どもから大人まで自然界の神秘に魅せられ、普段ゆっくり空を見上げる時間のない現代人にとって、つかの間の休息になったようですね。

今年の「元気をもらった出来事」ベスト10、皆さんが元気づけられた出来事はランクインしていましたか? このほか、画像で「元気をもらった人物」のベスト10も公開しているので、気になる人はチェックしてみて!

■2009年の「元気をもらったできごと」(選択式・4033人による複数回答)

1位…原監督率いた日本代表チームがWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝(40.3%)

2位…18歳の石川遼選手、史上最年少の賞金王に輝く(36.4%)

3位…ヤンキース・松井秀喜選手、ワールドシリーズ制覇・MVPの快挙(22.5%)

4位…13年ぶりに海外ツアーを再開! 39歳、クルム伊達公子選手(14.2%)

5位…巨人が日本ハムを下し、7年ぶり21度目の日本シリーズ優勝(11.9%)

6位…映画「おくりびと」「つみきのいえ」が第81回米アカデミー賞受賞(11.2%)

7位…ボルト選手、世界陸上で人類初の9.58秒記録(10.5%)

8位…日本の陸地では46年ぶりとなる皆既日食を観察(10.2%)

9位…宮里藍選手、米女子ツアー初優勝(9.4%)

10位…サッカー日本代表、W杯・南アフリカ大会の本戦出場決定(8.6%)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。