気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「孤独」が及ぼす人体への悪影響
孤独になるとネガティブな事ばかり考えたりウツになりそうになるなど、あまりいいものではありませんが、そんな孤独が喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼしていることが研究によって分かったそうです。

では、孤独がどのように人体へ悪影響を及ぼすのか見てみましょう。

家族や友人たちから切り離され孤独な状態になると、血圧が上がり免疫系の機能が弱まることが分かったそうです。更に心理学者のJohn Cacioppo氏によると、孤独によって眠ることが困難になり痴呆を促進する事にもなるとのこと。

また、生活が不規則になってくるため睡眠薬に依存する可能性も高くなってくるそうです。

孤独によって血圧を上げる原因はホルモンの一種であるコルチゾールが孤独というストレスが加わることによって多量に分泌されるのが原因であるそうです。このコルチゾールが多量に分泌してしまうことによって、心臓発作や脳卒中が起きるほど血圧が上がること。

非常に孤独を感じている人と活発的に活動している人の血圧の差を調べたところ、30程度の差があったそうです。また、免疫力が低下するのもコルチゾールの多量分泌が原因であるとのこと。

孤独によって痴呆が早まる原因はまだ分かっていないそうですが、孤立することによって脳の柔軟性が欠落してしまうからではないかと推測されているそうです。また、孤独が人体に悪影響を及ぼす危害のレベルは肥満や喫煙と同じレベルとのこと。

Cacioppo氏は、インターネットが発達して直に人と接することが少なくなった現代は孤独に襲われやすい環境であると考えており、もっと人間同士が直接交流を持つ必要があるのではないかと提唱しているそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
な~んだ
たいしたことないじゃない

私は肥満だし、喫煙するけど
かなり健康です笑

しかし孤独人口は増えていきそうですね

日本や世界の将来が不安です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。