気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンナをアツくする「戦国武将萌え」
“萌え~”にもいろいろあるけれど、今年結構耳にしたのが「武将萌え」。Google検索でのヒット数はなんと約38万件(12月8日現在)。その名の通り、世の女子が戦国武将をモチーフにしたグッズを集めたり、歴史談議で盛り上がるといった現象だ。

06年ごろからじわじわ始まり、今年ブレイクしたのだとか。歴史に関する本や雑貨を扱う「時代屋」の宮本みゆきさんに詳しい話を聞いた。

「一番のきっかけは、06年に発売された“戦国BASARA2”や“戦国無双2”など、美形に描かれた戦国武将同士が戦うゲームのブレイクでしょう。これで戦国武将にハマった10代後半~30代前半の女性が、ゲームでは飽きたらずに史実を調べたりして本格的なブームが始まりました。感覚としてはアイドルを追いかける行為に近いと思いますよ」

実際、アイドルさながらに戦国武将のグッズも売れているのだとか。宮本さんいわく「特に家紋関係ですね。ステッカーを持ち物に貼ったり、携帯に家紋ストラップをつけたりしてる人が多い。常に身近に感じたい気持ちの表れだと思います」とのこと。確かに『萌え』という表現がピッタリ。ちなみに、08年に人気だった武将は誰なんですか?

「石田三成ですね。“戦国無双”から入って、司馬遼太郎の『関ヶ原』を読んでハマった女性が多いみたいです。作中でカッコよく描かれているんですよ。秀吉への忠義心で、負けるとわかっていても戦った心意気に惹かれるみたいです」

それでは来年、ブレイク確実な武将は?

「直江兼続でしょう。来年のNHK大河ドラマの主人公ですが、決まる前から人気はありましたね。当店でもグッズや関連本が売れていますよ。石田三成同様、主君である上杉景勝への忠義心に萌える女性が多いみたいです。損得ではなく、信じた主人への一途な想いを貫き通すというところがツボなんだと思います」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意外や意外ですね

確かに漫画やゲームでは
けっこうかっこよく描かれていたりしますね

直江兼続はブームになるかもしれませんね
演じるのが妻夫木聡ですしね

私の中では「花の慶次」の直江兼続の
イメージが非常に強いです

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


まだ間に合います!今年のクリスマスはケーキバイキングで決まり!! 冷凍スウィーツ専門サイト「TEN-CUT(10-CUT)」よりお知らせ! 五洋食品産業株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。