気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外と知らない七夕伝説
もうすぐ七夕。この日は、年に1度“織姫”と“彦星”が会える日とされているが、カルピスが7月7日生まれの人を対象に「七夕に関する調査」を実施したところ、織姫や彦星の職業に「巫女」や「漁師」と回答するなど、面白い結果が出たので紹介しよう。


◆七夕は日本だけの行事? 実は中国がルーツ

「『七夕』は日本だけ(他の国では行われていない)の行事だと思いますか?」という質問に対し、「思う」と答えたのは全体の6割弱(57.1%)を占めた。“七夕”は、7月7日の牽牛星(彦星)と織女星(織姫)が会える夜に、婦人たちが機織りの上達を祈った中国の行事「乞巧奠(きこうでん/きっこうでん)」がルーツ。最近では「中国情人節(中国の恋人たちのお祭り)」とも呼ばれ、旧暦の7月7日に当たる31日に恋人たちが食事をしたり、映画を観たり、プレゼントを贈り合ったりと、さまざまなスタイルで祝っているようだ。



◆織姫と彦星の関係、8割弱が「恋人」と誤解!

七夕伝説の認知度について聞いたところ、「よく知っている」(22.9%)と「だいたい知っている」(67.0%)を合わせると、9割弱の人が認知している結果に。しかし、「知っている」と回答した人に織姫と彦星の関係を尋ねたところ、8割弱(77.1%)が「×恋人」と誤って認識していることが判明。中には「×姉弟または兄妹」1.4%や「×友達」0.1%(1人)と誤解している人も。「その他」0.2%では、「姫と使用人」という回答も寄せられ、正解の「○夫婦」は5人に1人(21.0%)という結果になった。



◆織姫と彦星の仕事は何? 「巫女」「漁師」などの珍回答も

同じく、七夕伝説を「知っている」と回答した人たちに「織姫と彦星の仕事」について尋ねたところ、過半数(54.9%)が正解の「○機織り」と答えたが、「×巫女」(14.7%)、「×舞姫」(12.5%)、「×歌姫」(4.7%)、「×歌人」(3.3%)と誤った回答を選択したり、織姫の仕事を知らないという人も1割弱いることが判明。

また、彦星の仕事については、約3分の2(64.7%)が「○牛飼い」と回答。織姫の仕事の正解率を9.8ポイント上回ったものの、「×農民」(9.8%)、「×神主」(7.2%)、「×漁師」(7.2%)などの誤答や、彦星の仕事を知らないという人も1割弱(8.5%)いた。

1919年7月7日に「カルピス」が発売されたことにちなんで実施されたこの調査。ほかにも「七夕生まれでよかったエピソード」や「今年短冊に書きたい願いごとや夢」などの調査結果も出ているので、気になる人はチェックしてみて。
スポンサーサイト
黒猫はなぜ不吉?
「黒猫が前を横切ると不吉なことが起こる」。

なぜか昔からよくいわれていることですよね? 確かに夜道でばったり黒猫に出会うと、ちょっと怖いかもしれませんが、よく考えると三毛猫でもトラ猫でも結局同じのような気が…。だとしたら、黒猫だけがこんな悪いイメージを植え付けられているのは、ちょっと不公平だと思いませんか?

そもそも、黒猫が「不吉」の象徴とされたのは、中世のヨーロッパで行われていた「魔女狩り」とかかわりがあるといわれているそうです。とある村で「魔女」の疑いがかけられた老婆が黒猫を飼っていた…などなど、黒猫が魔女の使いであるという言い伝えが数多く残っています。

その後、魔女狩りの時代が終わっても、魔女×黒猫のイメージだけがなぜか根強く残ってしまったようです。そういえば童話や映画の中では魔女のかたわらには必ずといっていいほど黒猫がいますよね?

でも、魔女×黒猫のイメージがここまでヨーロッパ、さらに日本の人々にまで伝播したのは、何か信仰みたいなものが関係しているのでしょうか? 明治学院大学の学院牧師を務めている、北川一明さんに伺いました。

「結論から言うと、黒猫の不吉なイメージとキリスト教の教理とは直接的な関係はありません。中世ヨーロッパで、黒猫が魔女の使いとして邪悪視されていたという話は、あくまでも民間伝承であって、中世ヨーロッパで厚く信仰されていたキリスト教の教義には、“黒猫”も“魔女”も全く関係していないのです。もちろん聖書にも登場していません」

中世ヨーロッパの人々の考え方に強い影響力を持っていたキリスト教と関係ないとすると、この黒猫の言い伝えは、どうしてここまで根強く残っているのでしょう?

「キリスト教では、“○○は縁起が悪い”というゲン担ぎの思想を禁止しています。とはいえ、やはり人間は弱い部分を持った存在です。何かにゲンを担いだり、不吉な出来事を何かのせいにしたりするのは、生きていくうえで仕方のないことだったのかもしれません。そういう意味で、魔女や黒猫の俗信は、中世ヨーロッパから現代まで、民間レベルで長く信じられてきたのかもしれませんね」

黒猫や魔女の言い伝えは、それ自体の良し悪しはともかく、人間の力ではどうすることもできない不運や不幸を消化するためのツールだったのかもしれません。

そう思うと、現代を生きる私たちだって、何かにつけて嫌なことを誰かや何かのせいにしたくなっちゃいますものね。黒猫は、時代も国も超えて、長い間人間の“嫌なこと”を引き受け続けてくれているのかもしれません。

今夜もしあなたの前を黒猫が横切ったら、そっと「ありがとう」と言ってあげてください。
戦国時代の姫に萌える本
戦国時代を舞台としたアクションゲーム「戦国BASARA」がブームの火付け役となり、戦国ショップや戦国ツアーに人が殺到するなどまだまだ盛り上がりを見せる“戦国ブーム”。その流れの中で、戦国の姫を題材とした“萌え本”「戦国美麗姫図鑑 萌える乱世の女たち」(1260円)がPHP研究所より6/12(金)に発売された。

同図鑑には、NHK大河ドラマ「天地人」に登場する上杉景勝の妻・菊姫など戦国時代を生きた姫君100人がイラスト付で掲載。そのほか、“日本のジャンヌ・ダルク”の伝説を残す鶴姫はグラマー系、織田信長の次女・織田冬はツンデレ系などオリジナルの属性で分類し、イラストや出身地、家柄など、武将に比べあまり知られていない姫たちのプロフィール満載だ。

「当社で発行している歴史雑誌が売上を伸ばすなど、歴史自体が盛り上がっていることから企画をしました。萌え本で姫君をこれだけ集めたものはないと思います」と話すのは担当編集者だ。

苦労した点は、その資料の少なさ。「戦乱の世だったことや、女性が注目されない時代であったことから、記録や資料が少ないんです。逆に資料が少ないゆえに想像力が膨らみ、ユニークな“姫”がそろったと思います」(同担当者)と話す通り、100人の姫はいずれも個性豊か。逸話や秘話なども収録されている。

また、“肉食女子”が増加している現代につながるこんな話も。「戦国時代には、一緒になって戦った姫や、城を守るために家臣を統率して武装した姫もいるんですよ」(同担当者)。時代が時代だけに勇ましい姫もいたそうなのだが、いつの時代も女性は強くたくましいのかも。

ツンデレ系の姫やグラマー系の姫、伝説にでてくる架空の姫など、萌え属性もさまざまな“姫萌え”。あなたはどの姫に萌えますか?
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。