気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高額ギャラもらってるのに批判したAKBに怒りの声
 AKB48の大島優子が18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『悪の教典』の特別上映会に出席。上映後「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、わたしはダメでした」(原文ママ)と、同作品を痛烈に批判したことが大騒動となっている。
 
 同作は貴志祐介のベストセラー小説を、伊藤英明主演で三池崇史監督が映画化したもので、生徒に慕われている人気教師(伊藤)が自己の目的のためにクラスの生徒全員を殺すという衝撃作。大島は上映会終了後、主演の伊藤とトークショーに臨む予定だったが、先に述べた理由から欠席した。

 翌19日、大島優子はブログで取り乱したことについて「ニュースにもなったりと、お騒がせしました」と謝罪。それでも最後は「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」という言葉で結んだ。

 ネット上では、結果的に映画の知名度が上がったことで「ヤラセ」や「宣伝」を指摘する声も上がっている。だが、現場に同席した記者の1人は「あれはヤラセではありません。映画の途中から大島さんは涙をこらえきれず、嗚咽を漏らしながら泣いていました。あれは演技ではないです」と断言。宣伝説が浮上した理由は、その後、映画会社の関係者がマスコミ各社に「この反応が本当かどうかは映画を見て、判断してほしい」というコメントを出したからという。

 とはいえ、正直に感想を述べた大島を「よく言った」と褒めることはできない。映画関係者は「大島さんクラスなら、上映会のイベントだけで100万円以上のギャラが支払われている。要するに仕事。それなのに、公然と批判するなんてプロのやることではない」と憤る。

 別の関係者は、業界全体がAKB48をもてはやしている現状に苦言を呈す。

「ひと昔前なら、彼女は干されていますよ。沢尻エリカが主演映画の舞台挨拶で不機嫌な態度を取り、その後、仕事がなくなったのと同じ。しかし、今の芸能界で独り勝ち状態のAKB48、それも人気NO.1の大島さんに対しては誰も文句は言えない」

 今回の騒動で判明したのは、いまだAKB48の天下が続いていることだったようだ。

スポンサーサイト
森光子の莫大な遺産の行方
 “日本のお母さん”と呼ばれた名女優、森光子が今月10日に心不全で亡くなった。享年92。ライフワークだった舞台「放浪記」やドラマ「時間ですよ」などで親しまれ、国民栄誉賞も受賞。長年にわたって芸能界の最前線で活躍した。

  それだけに遺産もハンパではないようで、所得番付が最後に発表になった04年の年収は推定4900万円。「広尾の自宅マンションと預貯金を合わせたら10億円とも20億円ともいわれる」(芸能関係者)莫大な遺産があるとみられる。だが、森は独身で子供もいない。誰が相続するのか……。

  古参の芸能リポーターはこう言う。

 「10年ほど前のことですが、森が可愛がっていたジャニーズ事務所の少年隊の東山紀之と“極秘入籍”したという情報が流れたことがありました。この話はその後、東山が木村佳乃と結婚したためガセと判明しましたが、その後も東山と養子縁組したという情報が飛び交った。身寄りのない森が、親交が深かった東山に相続させると遺言していてもおかしくはありません。実際の法定相続人は甥。森を支えてきた妹の息子です。妹は森の個人事務所の代表を務めていましたが、08年に死去。血を分けた親族はこの甥だけでした」

  最晩年まで舞台復帰を目指し、病室でもスクワットに励んで体力づくりをしていたという森。遺産よりも多くの“記憶”を残して泉下の人となった。

石橋貴明、パーティ参加者が驚いた低姿勢ぶり
「和装の鈴木保奈美さん(46)に、長身でスーツ姿の石橋貴明さん(51)。出席者のなかでも、2人は特に目立っていました。石橋さんが、保奈美さんの様子を常に気遣っている様子だったのが印象的でした」(飲食店経営者)

10月29日、東京都内のワインバーには50人ほどの人々が集まっていた。フランスの有名ワイナリー『シモン・ビーズ』の当主パトリック・ビーズ氏の60歳の誕生日を祝うパーティが開催されたのだ。
「保奈美さんは’96年ころからワインスクールに通っていました。ビーズ氏の奥さんは日本人女性で保奈美さんとはスクール時代の友人なのです」(保奈美の知人)

保奈美のワイン友達の集まりに、石橋も同伴したようだ。

保奈美は9月30日にスペシャルドラマ『リセット~本当のしあわせの見つけ方~』(TBS系)に出演。14年ぶりの民放ドラマ出演で注目を集めたが、視聴率は11%とふるわなかった。スポーツ紙には「昔の名前通用せず 大惨敗」、女性週刊誌にも「見てると辛い」などと報じられた。そして、夫である石橋の方も”視聴率問題”を抱えている。

「10月21日にスタートした『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』(TBS系)は、ビートたけしと石橋という大物2人が初タッグを組んだことで話題になりましたが、初回視聴率は8・8%とひとケタ台でした」(テレビ局関係)

ビーズ氏ゆかりの貴重なワインや、フレンチのコースが供されるにつれ、会場は賑やかになっていった。そんななか、出席者を驚かせたのは、石橋の態度が実に低姿勢だったことだという。

「テレビで見ていると、ゲストや後輩芸人をイジりまくったりと、傍若無人なイメージだったのですが、受け答えも丁寧だったので驚きました。保奈美さんに『あの人は?』と、よく聞いていました。挨拶をされる前にリサーチをして、妻の友人たちに失礼のないようにしようと気を配っていました」(前出・飲食店関係者)

保奈美が女優に復帰してからは、石橋は13歳・11歳・10歳の3人の娘の送り迎えや家事なども手伝っており”低依存”でもあるという。さらに、すでに今後の生活に困らないほど稼いでいる。いまや石橋は、最近の結婚の人気条件である”低姿勢・低依存・低リスク”の”三低”夫になっていたのだ。


昔は三高でしたが
今は三低なんですね笑
それにしてもあの石橋がそれに当てはまるなんて笑
「無期限活動休止」後藤真希に浮上する「AV復活」
「これまで噂レベルでは何度も出ていたんですが、今回のは、どうやら本当みたいですね」(某カメラマン)

昨年末で芸能活動を休止した元モーニング娘。の後藤真希(27)に、仰天の復活話が浮上している。前出のカメラマンは続ける。
「実は、誰もが名前を知っている大物カメラマンA氏のところに、後藤サイドから"ヘアヌード写真集を撮らないか"という話があったようなんです。聞くところによると、彼女自身もA氏に対し、"私、脱いだら凄いんですよ"とアピールし、けっこう乗り気らしい。関係者で話を揉んでいったところ、"写真集だけでなく、映像も撮ろう"ということになったようです」

ヘアヌード写真集の流れで出る映像となれば、当然、アイドルのイメージビデオというわけにはいかない。
「AVですよね。ただ、どこまでの内容になるかは不明。本番挿入シーンはない"AIV(アダルトイメージビデオ)"に落ち着くのかもしれませんが」(前同)

AIVだとしても、G乳ともいわれる彼女の肉感ボディが拝め、擬似本番が見られるとなれば、ファンならずとも衝撃的な話だ。

AVメーカー関係者によると、「うちで出てくれるんであれば、1本でギャラ1億円は余裕で出しますよ」というほどの超高値がつく今回の"AV復活"話が浮上した裏には、後藤の現在の境遇があるという。
「元歌手で、窃盗及び強盗の罪で服役していた弟が最近、出所したそうなんです。すでに両親を事故で失っている後藤家では、彼女が大黒柱。弟と家を支えるために、後藤が"AV復活"を選択しても不思議はありません」(芸能記者)

はたして真相は……!?


今ならまだ注目されそうですね
値がつくうちに笑
さまぁ~ず大竹一樹“珍事件”下半身編集されず放送
 テレビ東京で“珍”事件が発生した。4日夜に放送された、同局の人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」で、お笑いコンビ・さまぁ~ず大竹一樹(44)の下半身が編集されずに、露出されてしまったようなのだ。この件は、東京スポーツが大々的に報じ、大手掲示板にも「放送事故」と指摘する、多くの書き込みが寄せられた。

 問題の映像は、露天風呂のシーン。大竹は下半身をタオルで覆っていたのだが、足をあげた際に露出。その映像は、編集されずに放送されてしまった。テレビ東京は「ご迷惑をお掛けした。申し訳ありません」と謝罪のコメントを発表したと、一部のメディアが報じた。


グラビアアイドルのポロリなどで
こんな事件が起こればいいのに笑
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。