気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9÷0=0?小学校算数の問題めぐりネット上で議論
 小学校の算数教育をめぐり、割り算「9÷0=」の答えが「0」だと教える小学校があることを指摘した一般ユーザーのブログ記事がきっかけとなり、ネット上で議論が巻き起こっている。

 同ブログの筆者は、小学3年生の息子の宿題を添削していた際に、この割り算の問題を見つけ、「0で割るって出来ないよな??」と疑問に思ったという。そして、問題の正解答が「0」となっていることについてもさらに違和感を覚えた筆者は、「ひょっとしたら私の考えが間違っているのか、それとも数学界に異変が起きたのか」と不安になりつつも、「割り算っていうのは、かけ算の逆のことをしてるんだ。6÷3=2は、3×2=6の逆をやってるってこと。だから、3÷0=0だとしたら、0×0=3なんてことになっちゃうんだよ。変だろ?」「どんな数字でも当てはまるから、この式には意味がないんだよ」と指摘する。

 このブログ記事は2009年に書かれたものだが、別のユーザーが今月24日にTwitter上でこの記事を引用して「どうしたらこういうことが起きるんだろうか」とつぶやいたことから、瞬く間に拡散。するとTwitter上では、

「9÷0=0なら0×0=9なので小学校レベルで矛盾があると指摘できる」
「0でも9でも困ります。『計算できない』が正解」
「算数では『10個のりんごを0人で分けても誰もリンゴをもらうことがないから、 解なし(正確には未定義)』で良かったはず」
「小学校の先生は、1/0.5をどのように理解しているのだろうか?答えは2だと分かるなら、1/0.1=10というのも分かるだろう。ならば、分母を小さくしていけば、答えはどんどん大きくなることも理解できるはずなのに…」

 などと、矛盾を指摘する声が相次ぎ、大きな話題となった。

 また、この問題の矛盾に関してだけでなく、こうした算数教育が小学校で行われているということについて、「9÷0=0と教えている小学校があるんですか!」「(小学校でこうした教育を)やってます。戸惑います」「なんか悲しくなってきた。指導要領はどうなっているのだろう」「小学校、どうなってるんや、、、」などといったコメントが多数上がった。


「自分も0と習った」
「答えは∞(無限大)」
というコメントも意外と多かったです
0で割ることは出来ません

どういう意図があったにせよ
「ウソ」を教えるのはよくないですよね

指導要領や小学校の問題ではなく
その先生の資質の問題だと思います
スポンサーサイト
オリンピック閉会式でNHKに批判殺到「アナウンサー黙れ!」
17日間の会期を終えて、ロンドンオリンピックが閉幕した。閉会式は日本時間2012年8月12日の5時頃から始まったのだが、その中継を行ったNHKの解説に批判が殺到している。というのも、イギリスの音楽とエンターテイメントをテーマにした閉会式、名だたるアーティストが多数出演し名曲を披露したのだが、その演奏中に無用と思えるような競技の振り返りを行い、視聴者が音楽を聞くのに妨げになったからだ。

しかもTwitterではハッシュタグ「#アナウンサー黙れ」まで生成され、苦情が相次いでいる。
 
特に視聴者の苛立ちをかき立てたのが、ロックバンド「MUSE」の演奏中のことだ。このバンドの楽曲『Survival』は、オリンピックの公式ソングに抜擢されていた。アナウンサーはそのことを知らなかったのか、公式ソングであることに一切触れずに、すでに多くの視聴者が知っているはずの競技の振り返りを語り、各選手の感想まで述べて演奏の妨げになっていた。

さらには、海外選手のコメントの説明まで行っていたのだ。記者(私)もその様子をテレビで見ていたのだが、「今、振り返りをやるべきなのか?」と正直疑問に思った。ネットユーザーはアナウンサーについて、次のように反応している。
 
「閉会式のアナウンサーそんなにひどかったのか」
「いやもうホントに」
「ハッシュタグわろたw」
「相当酷いのねw」
「みんなの怒りがw」
「ナレーション無し副音声やれば全て解決したのに、何故それをやらなかった!」
「9時のお客様サービスセンターの回線パンク確実」
「アナウンサー抜きで再放送、って勿論やるんだよな?」
「これやばい。でも正論」
「私も何回「黙れ」と呟いたか…」
「「おしゃれをした男性がステージに上がっていますよ」くそわろたwww」
「この無駄すぎる会話で何組のアーティストを潰し何万の人間を怒り狂わせたと思ってる」
「せっかく起きてたのに、マジで時間返してほしい」
「NHKさん閉会式の再放送は静かにしててね。コレはマナーです」
「もう駄目だ。アナウンサーが喋るだけでいらっとす」
「アナウンサーうっせぇな って思ってたのが私だけじゃないっていうのはよく分かった」
「NHKってこんなにクオリティ低かったか?見りゃわかることを言語化しなくてもいいんだっつの」
 
驚いたことに、「アナウンサー黙れ」はTwitterのトレンドになっているのだ。視聴者は怒りをあらわにし、批判が止まない状態となっている。再放送される際には、アナウンサーの解説の有無を選べるようにして頂きたいものだ。なにしろ次にオリンピックの閉会式を見るのは、4年後になってしまうのだから。今大会のような素晴らしいエンターテイメントを、じっくり見ることができなかったのは、本当に残念だ。


紅白で都はるみを「みそら・・・」
と言い間違えた事よりひどいと思います怒
引退する都はるみの
歌の最中にしゃべっているようなものです怒


日本で一番“エロい事”を検索している県は?
日本で一番“エロい事”を検索しているのは宮崎県民であることが判明しました。

調査はGoogleが提供するサービスGoogle Insights for Searchを利用して行なっています。このサービスは、対象ワードが“どの程度人気があるのか”、“どの地域で注目されているのか”が調べられるサービスです。

今回の調査によると、宮崎県では全国どの県にも抜きん出て「エロ系」に関するワードが検索されており、特に市町村レベルにまで絞り込むと、人口わずか13,000人程度の高千穂町が最もそれらを検索した人がいる場所としてちらほら登場してきます。

ちなみに宮崎県が1位となっているワードはこちら

――エロ
1位:宮崎県
2位:埼玉県
3位:北海道

――エッチ
1位:宮崎県
2位:長野県
3位:佐賀県

――アダルト
1位:宮崎県
2位:北海道
3位:大阪府

――セック○ ※一部伏字にしています。
1位:宮崎県
2位:栃木県
3位:佐賀県

――やりたい
1位:宮崎県
2位:佐賀県
3位:埼玉県

――風俗
1位:宮崎県
2位:東京都
3位:大阪府

――デリヘ○ ※一部伏字にしています。
1位:宮崎県
2位:福岡県
3位:東京都

――ピンサ○ ※一部伏字にしています。
1位:宮崎県
2位:東京都
3位:栃木県

――セクシー
1位:宮崎県
2位:鳥取県
3位:栃木県

――お尻
1位:宮崎県
2位:秋田県
3位:栃木県

――バスト
1位:宮崎県
2位:大阪府
3位:佐賀県

――不倫
1位:宮崎県
2位:三重県
3位:奈良県

――浮気
1位:宮崎県
2位:福岡県
3位:栃木県

――デート
1位:宮崎県
2位:東京都
3位:埼玉県

――彼女
1位:宮崎県
2位:埼玉県
3位:栃木県

――彼氏
1位:宮崎県
2位:東京都
3位:埼玉県

――彼氏ができない
1位:宮崎県
2位:福岡県
3位:東京都

――彼女ができない
1位:宮崎県
2位:埼玉県
3位:福岡県

何故こんなにもエロに関わるワードが「宮崎県」で検索されているのか?
たまたまですが、本媒体の代表が宮崎県出身のため、参考までに意見を聞いてみました。

「宮崎県は「宮崎(日向)時間」と言われるほどゆったりした時間感覚を持つ県民性があります。
新幹線から見放されているため手軽に遠方へ出づらいですし、大型リゾート地として観光に力を入れてはいるが、ディズニーのような地元で楽しめるエンタメは非常に少ない。友達や恋人、家族で何かするには何かとネタ不足なのです。
結果、悶々とする時間がたくさんある感覚ですので、手軽に新しい出会いやネットで悶々する行為に走ろうとするはなんとなく分かるような気がします。よりアウトドア思考で。

ただ、これは他県でも同様かと思いますので、何で宮崎がトップを張るのか謎です。」


宮崎県は、隣に大分県、熊本県、鹿児島県と3方向に県が隣接していますが、移動についてはいずれも迂回ルートばかりで陸路の場合、どの県からもかなりの移動時間を要します。

地元では「近くといえど遠い県」とも言われある意味陸の孤島の様な状態。

少し前には東国原さんが知事を務めるなど全国で有名とはなりましたが、それでも人口はまだまだ少なく、特に若い人にとっては色々と悶々としてしまうことも多いのかもしれませんね。
アダルト美少女アニメサイトと同名で学校名変更
 来年4月に開校予定の山形県東根市の「さくらんぼ小学校」と、同名のアダルト系美少女アニメサイトが存在していた問題で、同市の土田正剛市長は9日、「ネット社会の力の大きさを改めて知った。児童の安全、安心を担保できない」として、校名を変更することを明らかにした。

 「さくらんぼ小学校」は昨年7月の公募で、215点の中から最も多くの点数を集めて選ばれていた。

 ところが、名称を公表して以降、「自分たちの楽しみを奪わないで」「邪魔しないでほしい」といったマニアからとみられるメールを含め複数のメールが市側に寄せられていた。問題のサイトは、「私立さくらんぼ小学校」という名称で、美少女のわいせつなアニメが載っている。

 市教育委員会では当初、「変える必要はない」と話していたが、今月28日の市議会最終日までに新校名を提出する予定。
夜遊び系アバターSNS登場
日本初の“夜遊び系”アバターSNS「Xacariva(サカリバ)」がオープンし、話題となっている。

アバターSNSといえば、自分の分身となるキャラクターを使って、他のユーザーとネット上でコミュニケーションを取るサービスだが、「Xacariva」では舞台が夜の繁華街。男性はホストに、女性はキャバクラ嬢となり、夜の帝王、夜の女王を目指して遊びまくる、というものなのだ。

アバターのカスタムも通常の洋服だけでなく、日焼けサロンで真っ黒に焼いたり、ビューティーサロンで髪を盛ったりなど、“夜遊び系”ならでは要素も満載。客としてホストクラブやキャバクラに入った時には、「指名」「ドリンクオーダー」といったことも可能で、現実の盛り場をそのままネット上でも楽しめるというわけだ。

また「Xacariva」独自の要素として「男前ポイント/いい女ポイント」というものも用意されている。これは、異性のキャラクターからキスをされたり、ホストクラブやキャバクラで指名やドリンク注文を受けると貯まっていくポイントで、獲得上位者のランキングが発表されたり、各種特典があったりするとのことだ。

この夜遊び系アバターSNSに対してネット上では、「こういうニッチなサービスが出てくるのも、アバターが一般に普及したからなのだろうな」「やばい。ちょっと楽しいかも」「年齢いつわる中学生いそう!」などの意見が寄せられていた。ちなみに、「Xacariva」のユーザー登録は20歳以上限定となっており、中学生が利用することはできない。


面白そうですね~
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。