気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人、選手叩き売りの裏事情
<取るけど出さない>

   巨人の金刃憲人(28)が放出されることになった。内野手の仲沢広基(25)とセットで、楽天の横川史学(27)、井野卓(28)との交換トレードが成立。12日、「バランスのいい補強」と原監督も満足げに話した。

  金刃は06年の大学生・社会人ドラフトの希望枠で巨人入り。1年目から開幕ローテ入りして7勝を挙げ、「将来のエース候補」と期待された。その後は原監督の構想から外れ、今季は一軍登板がゼロ。先日、オリックスにトレードされた東野と同様、出場機会を求めていた。以前から金刃を高く評価していた左腕不足の楽天・星野監督に引っ張られた格好だ。

  外野手の横川は一塁もできるため、巨人の補強ポイントと合致はする。が、レギュラー候補というには頼りない実績(今季は11試合で打率.150)。井野にしても、正捕手・阿部のサポート要員で、実績のある元“ドラ1”投手の金刃とは釣り合わない印象だ。

  そもそも、これまでの巨人は、「選手を取るけど、出さない」ことで有名だった。何があったのか。

  <エビでタイをあげちゃう>

  「特に顕著だったのが、清武前代表時代。出番に恵まれないある選手が、契約更改交渉の席でトレードを考えて欲しいとお願いした。すると、激怒した代表は選手を怒鳴り散らし、そのまま部屋を出ていってしまったそうです。もちろん、トレードの話もまとめてくれなかった。その手の話は枚挙にいとまがない」(球団関係者)

 日刊ゲンダイ本紙の取材に東野も「清武さんのときは、『トレードをまとめてくれない。まとめる気がない』なんて、チーム内で言われてました」と言っている。少なくともチーム内にはそうした印象が定着し、清武の乱の際には渡辺会長も「トレードが成立しない。エビでタイを釣ることばかり要求するため破談になった話も少なくない」と怒っていた。

  「08年オフに日本ハムにトレードされた二岡の話も実は一度、破談している。巨人が当時バリバリのレギュラーだった森本(現DeNA)と左腕エースの武田勝の2人を要求し、日ハム側を呆れさせたからです。正直、このオフは『エビでタイを釣る』というより、『エビでタイをあげちゃう』という印象もありますが、一連のトレードには清武時代の負のイメージを払拭するという狙いもあるといわれています」(前出の関係者)

  もうひとつ、選手の間で囁かれているのが、金銭的事情だ。今季の巨人は交流戦、公式戦、CS、日本シリーズ、アジアシリーズを制覇して、スポーツ紙いわく「史上初の5冠を達成」。ナインはオフの契約更改に向けて、目を輝かせていた。

 「他球団の選手からすれば、ぜいたくを言うなって話かもしれませんが、巨人ナインには、ここ数年、給料の面で我慢を強いられてきた、という思いがある。4年連続V逸となった06年オフの契約更改で、全員が一律で年俸を10%ダウンさせられ、そこから交渉を始めるという経験をしている。『痛みは分かち合わなければいけない。自分の成績が良ければ、それでいいとは思わないでくれ』と球団から言われ、当たり前のことですが、チームの成績こそが最優先という考えを刷り込まれているわけです。現に優勝を逃したここ2年は、球団の提示に不満を抱きながら、渋々、判を押している選手が少なくない。5冠という文句のない結果を出した今季は、これまでの分を取り返すぞ、と鼻息を荒くしていたのです」(チーム関係者)


5冠のチームの内情も大変ですね
小笠原はどうなるのでしょう・・・
スポンサーサイト
北島康介失速の原因「水着で浮気したから」
 世界ランク1位で、ロンドン五輪でのメダル獲得が期待された水泳の北島康介(29)だが、平泳ぎ100mで5位、200mで4位に沈んだ。

 スポーツライターの玉木正之氏は北島の敗因をこう分析する。

「北島は4年に1度というピークを合わせることができなかったことに尽きます。今思えば、4月に行なわれた代表選考会の時が絶頂だったんでしょう。4度目の五輪となる北島の泳法は世界のライバルに研究し尽くされ、年齢的にも下り坂ということも要因だったかもしれません。でもそれがスポーツの面白さであり、難しさでしょう」

 が、こんな指摘もある。

「北島の敗因は水着で浮気したからではないか」というのは日本水泳連盟関係者だ。

 2009年にいわゆる「高速水着」の着用が禁止されたとはいえ、競泳で唯一の着衣である水着は「依然としてタイムを大きく左右する要因」(同前)といわれる。また、自社製品で好成績を残せば、メーカーにとって大きな宣伝効果となることはいうまでもない。

 北島は今シーズンからデサント社とアドバイザリー契約を結び、同社の「アリーナ」シリーズを着用してレースに挑んだ。メーカー関係者が声を潜めていう。

「水着に関してはこれまで“フリー”という立場の北島は、着慣れたミズノ社の製品を使用してきたが、今回はより良い条件を用意したといわれるデサントと契約した。デサントも五輪3連覇で盛り上がることを見越して勝負に出たのでしょう。ですが、ミズノを着用した寺川(ミズノ社員だから当然だが)や萩野がメダルを取った。北島もこれまで通り最もフィットする水着を使用すればよかったように思います」

 いかにも「金メダル」ではなく「金」を狙った結果の失速だといいたげなのだ。

 水着変更について北島に訊ねるメディアはさすがになかったようだが、もしかれたとしても、答えは“何もいえねェ”……かな?
猫ひろしの五輪出場に賛否両論
 カンボジア国籍を取得してロンドン五輪を目指していたお笑い芸人の猫ひろし(本名・滝崎邦明)さん(34)が男子マラソンの同国代表に選ばれた。

 これに対し、「国籍を変えてまで出場するのはカンボジアの選手に失礼」「両国の懸け橋になって」など様々な意見が出ている。国の誇りを背負う五輪選手の重責を果たせるのか――。

 「世界記録を出すつもりでロンドンを走りたい」。3月26日、代表決定を受けて東京・墨田区で記者会見した猫さんは、緊張で手を震わせながら決意を語った。普段は「猫魂」の文字が入った赤いTシャツ姿が多いが、この日はスーツにネクタイ。国籍変更での出場に批判があることについて「厳しい意見があることはわかっている。やると決めたので最後までやり遂げたい」と語った。

 ネット上では、「芸能人がふざけて五輪に出るのは真剣に競技に打ち込んでいる選手に失礼」「目立ちたいだけではないのか」といった批判が目立つ。

 カンボジアを支援するチャリティーマラソンを企画するなど交流を深めてきた元五輪銀メダリストの有森裕子さん(45)も読売新聞の取材に「日本人に代表を譲る若い選手の心中を思うと悔しい」と涙声で訴えた。猫さんと五輪代表枠を争ったヘム・ブンティン選手(26)を日本の大会に招待したこともある有森さん。「貧弱な練習環境の中で選手たちは力をつけてきている。現地の選手に出てほしい」

 これに対し、日本陸上競技連盟理事の瀬古利彦さん(55)は、「実力で勝ち取った代表で評価したい。両国の懸け橋になってほしい」と期待する。


日本でもサッカーで日本人に帰化した外国人を
日本代表として使っていますよね
同じことだと思いますけどね~
少なくともガンボジア国籍を取った猫ひろしは真剣だと思います
紗栄子がもらう養育費のお値段は・・・
 大リーグ・レンジャーズへの入団が決まったダルビッシュ有(25)とタレント紗栄子(25)が19日、離婚した。2人の所属事務所によるとこの日、代理人が都内の区役所に離婚届を提出、受理された。

 子供2人の親権は紗栄子が持ち、慰謝料はなし。事務所は「子供たちのためにも一刻も早くお互いが新しい人生に踏み出すことを第一に協議してきたので、慰謝料はなかった」と説明している。

 子供が成人するまで支払われる養育費については「裁判所の指導に従った適正な条件で合意した」としており、関係者によると「子供2人で毎月200万円弱、170万~190万円あたりで落ち着いた」という。不動産などの財産分与もなく「ダルビッシュ側の意向に近い形での決着」(関係者)になった。


遊んで暮らせますね笑
「岩隈が義理の妹と不倫」は誤報
知り合って3年になるというA子さんと車内で熱いキスを交わし、深夜のゴルフ練習場では後ろから密着してラブラブのレッスン。週刊ポスト12月2日号で報じた岩隈久志の不倫スクープ。

この記事が発売後に本誌の予想し得ない展開になったことにも触れておこう。

岩隈や楽天球団に気を遣ったのか、スポーツマスコミが本誌記事を“黙殺”する中で、「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)が、本誌記事を「大スクープ」として紹介。が、その紹介の仕方が想定外の騒動を招いてしまった。

同番組では「岩隈の不倫相手は義理の妹」と断定調で伝えたために、ネット上で「不倫自体も問題だが、いくらなんでも親族に手を出すなんてとんでもない!!」と岩隈に対する批判が燃え上がったのだ。

確かに、本誌記者がまどか夫人に直撃して写真を見せた際に、夫人が「(私の)義理の妹です」と答えたのは事実。同番組ではそのやりとりをストレートに受け止めてしまったようだが、結論をいえば「A子さん=義理の妹」ではない(はず)。ミヤネ屋さん、ちゃんと読み取ってください。

本誌が夫人に確認してもらった写真は、「キスの瞬間」を写したものではなく、A子さんが助手席に座っていたり、ゴルフ練習場の駐車場でバッグを車に積み込んでいたりと、“衝撃度の低い場面”のもの。そこで夫人は機転を利かせて、「これは親族です」といえば、本誌記者が「あァ、不倫ではないのか」と諦めると思ったようだ。

記事ではそうしたやりとりも載せた上で、〈“賢妻の配慮”が感じられた〉と書き、本誌も関係者の取材を通じて、A子さんが「義理の妹」でないことは確認している。だが、一人歩きしてしまった情報までは止めようがなかった。

もちろん、岩隈本人が「キスした女性は、義理の妹ではありません」と説明すれば、あらぬ疑惑は晴れるはずだが、そうすると今度は自らの口で不倫を認めることになってしまう。だから、本誌前号で紹介したように、親しいタレントのハイヒール・モモコに「女性に抱きつかれた」という苦しすぎる言い訳をしたのかもしれない。

岩隈が着せられた汚名を晴らす義務は本誌にはないが、やはり読者には正確な情報をお届けしたい。

岩隈サンは不倫はしましたが、親族に手を出すようなひどい男ではありません。これで晴れ晴れとした気持ちでメジャー移籍できる、かな?

copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。