気まぐれにゅ~す
気になるニュースをいじります 賛成・反対の意見いろいろお寄せ下さい 少しでも共感された方は、左のブログランキングをワンクリックお願いします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9÷0=0?小学校算数の問題めぐりネット上で議論
 小学校の算数教育をめぐり、割り算「9÷0=」の答えが「0」だと教える小学校があることを指摘した一般ユーザーのブログ記事がきっかけとなり、ネット上で議論が巻き起こっている。

 同ブログの筆者は、小学3年生の息子の宿題を添削していた際に、この割り算の問題を見つけ、「0で割るって出来ないよな??」と疑問に思ったという。そして、問題の正解答が「0」となっていることについてもさらに違和感を覚えた筆者は、「ひょっとしたら私の考えが間違っているのか、それとも数学界に異変が起きたのか」と不安になりつつも、「割り算っていうのは、かけ算の逆のことをしてるんだ。6÷3=2は、3×2=6の逆をやってるってこと。だから、3÷0=0だとしたら、0×0=3なんてことになっちゃうんだよ。変だろ?」「どんな数字でも当てはまるから、この式には意味がないんだよ」と指摘する。

 このブログ記事は2009年に書かれたものだが、別のユーザーが今月24日にTwitter上でこの記事を引用して「どうしたらこういうことが起きるんだろうか」とつぶやいたことから、瞬く間に拡散。するとTwitter上では、

「9÷0=0なら0×0=9なので小学校レベルで矛盾があると指摘できる」
「0でも9でも困ります。『計算できない』が正解」
「算数では『10個のりんごを0人で分けても誰もリンゴをもらうことがないから、 解なし(正確には未定義)』で良かったはず」
「小学校の先生は、1/0.5をどのように理解しているのだろうか?答えは2だと分かるなら、1/0.1=10というのも分かるだろう。ならば、分母を小さくしていけば、答えはどんどん大きくなることも理解できるはずなのに…」

 などと、矛盾を指摘する声が相次ぎ、大きな話題となった。

 また、この問題の矛盾に関してだけでなく、こうした算数教育が小学校で行われているということについて、「9÷0=0と教えている小学校があるんですか!」「(小学校でこうした教育を)やってます。戸惑います」「なんか悲しくなってきた。指導要領はどうなっているのだろう」「小学校、どうなってるんや、、、」などといったコメントが多数上がった。


「自分も0と習った」
「答えは∞(無限大)」
というコメントも意外と多かったです
0で割ることは出来ません

どういう意図があったにせよ
「ウソ」を教えるのはよくないですよね

指導要領や小学校の問題ではなく
その先生の資質の問題だと思います
スポンサーサイト
「ラストエンペラー」溥儀の血引く美少女
last.jpg
異民族・満州族でありながら268年間にわたり中国を支配した最後の統一王朝・清。映画『ラストエンペラー』でよく知られているように、最後の皇帝である愛新覚羅・溥儀(あいしんかくら・ふぎ)には子どもがいなかった。直系は途絶えてしまったが、愛新覚羅氏は脈々と現在に継がれている。

その愛新覚羅氏からひとりの美少女が誕生し、現在、女優として活躍しているそうだ。彼女の名は愛新覚羅・啓星さん。清の初代皇帝・ヌルハチから数えて14代目、曽祖父は溥儀の従兄弟にあたるそうだ。

まさに世が世ならプリンセスである。啓星さんは長い黒髪に猫のような瞳が印象的なアジアンビューティーだ。チャイナドレスや満州族の衣装はもちろんのこと、中華民国時代の女子高生の制服もよく似合う。無表情だとクールな印象の彼女だが、笑うとなかなか清楚で可愛らしい。

啓星さんは2001年に北京電影学院・演技科に入学し、卒業後は女優として数々のドラマや映画に出演している。愛新覚羅という名前にフィーチャーされがちだが、その演技力には定評があるそうだ。

公式サイトによると、日本の女優・栗原小巻さんからその演技力を「正確に役をとらえ、役の心の中までをも表現しています。彼女は中国映画界・期待の新人です」と評価されたこともあるという。

先日、イギリスで行われた中国語映画祭では、主演映画『雁鳴湖之恋』で、優秀主演女優賞を受賞したそうだ。中国でも「新時代の女優」と報じられている。日本ではあまり知られていないが、賞をとるほどの演技力、天性の気品、何よりラストエンペラーの血筋と注目度は抜群だろう。今後の活躍に期待大である。
高額ギャラもらってるのに批判したAKBに怒りの声
 AKB48の大島優子が18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『悪の教典』の特別上映会に出席。上映後「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、わたしはダメでした」(原文ママ)と、同作品を痛烈に批判したことが大騒動となっている。
 
 同作は貴志祐介のベストセラー小説を、伊藤英明主演で三池崇史監督が映画化したもので、生徒に慕われている人気教師(伊藤)が自己の目的のためにクラスの生徒全員を殺すという衝撃作。大島は上映会終了後、主演の伊藤とトークショーに臨む予定だったが、先に述べた理由から欠席した。

 翌19日、大島優子はブログで取り乱したことについて「ニュースにもなったりと、お騒がせしました」と謝罪。それでも最後は「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」という言葉で結んだ。

 ネット上では、結果的に映画の知名度が上がったことで「ヤラセ」や「宣伝」を指摘する声も上がっている。だが、現場に同席した記者の1人は「あれはヤラセではありません。映画の途中から大島さんは涙をこらえきれず、嗚咽を漏らしながら泣いていました。あれは演技ではないです」と断言。宣伝説が浮上した理由は、その後、映画会社の関係者がマスコミ各社に「この反応が本当かどうかは映画を見て、判断してほしい」というコメントを出したからという。

 とはいえ、正直に感想を述べた大島を「よく言った」と褒めることはできない。映画関係者は「大島さんクラスなら、上映会のイベントだけで100万円以上のギャラが支払われている。要するに仕事。それなのに、公然と批判するなんてプロのやることではない」と憤る。

 別の関係者は、業界全体がAKB48をもてはやしている現状に苦言を呈す。

「ひと昔前なら、彼女は干されていますよ。沢尻エリカが主演映画の舞台挨拶で不機嫌な態度を取り、その後、仕事がなくなったのと同じ。しかし、今の芸能界で独り勝ち状態のAKB48、それも人気NO.1の大島さんに対しては誰も文句は言えない」

 今回の騒動で判明したのは、いまだAKB48の天下が続いていることだったようだ。

森光子の莫大な遺産の行方
 “日本のお母さん”と呼ばれた名女優、森光子が今月10日に心不全で亡くなった。享年92。ライフワークだった舞台「放浪記」やドラマ「時間ですよ」などで親しまれ、国民栄誉賞も受賞。長年にわたって芸能界の最前線で活躍した。

  それだけに遺産もハンパではないようで、所得番付が最後に発表になった04年の年収は推定4900万円。「広尾の自宅マンションと預貯金を合わせたら10億円とも20億円ともいわれる」(芸能関係者)莫大な遺産があるとみられる。だが、森は独身で子供もいない。誰が相続するのか……。

  古参の芸能リポーターはこう言う。

 「10年ほど前のことですが、森が可愛がっていたジャニーズ事務所の少年隊の東山紀之と“極秘入籍”したという情報が流れたことがありました。この話はその後、東山が木村佳乃と結婚したためガセと判明しましたが、その後も東山と養子縁組したという情報が飛び交った。身寄りのない森が、親交が深かった東山に相続させると遺言していてもおかしくはありません。実際の法定相続人は甥。森を支えてきた妹の息子です。妹は森の個人事務所の代表を務めていましたが、08年に死去。血を分けた親族はこの甥だけでした」

  最晩年まで舞台復帰を目指し、病室でもスクワットに励んで体力づくりをしていたという森。遺産よりも多くの“記憶”を残して泉下の人となった。

巨人、選手叩き売りの裏事情
<取るけど出さない>

   巨人の金刃憲人(28)が放出されることになった。内野手の仲沢広基(25)とセットで、楽天の横川史学(27)、井野卓(28)との交換トレードが成立。12日、「バランスのいい補強」と原監督も満足げに話した。

  金刃は06年の大学生・社会人ドラフトの希望枠で巨人入り。1年目から開幕ローテ入りして7勝を挙げ、「将来のエース候補」と期待された。その後は原監督の構想から外れ、今季は一軍登板がゼロ。先日、オリックスにトレードされた東野と同様、出場機会を求めていた。以前から金刃を高く評価していた左腕不足の楽天・星野監督に引っ張られた格好だ。

  外野手の横川は一塁もできるため、巨人の補強ポイントと合致はする。が、レギュラー候補というには頼りない実績(今季は11試合で打率.150)。井野にしても、正捕手・阿部のサポート要員で、実績のある元“ドラ1”投手の金刃とは釣り合わない印象だ。

  そもそも、これまでの巨人は、「選手を取るけど、出さない」ことで有名だった。何があったのか。

  <エビでタイをあげちゃう>

  「特に顕著だったのが、清武前代表時代。出番に恵まれないある選手が、契約更改交渉の席でトレードを考えて欲しいとお願いした。すると、激怒した代表は選手を怒鳴り散らし、そのまま部屋を出ていってしまったそうです。もちろん、トレードの話もまとめてくれなかった。その手の話は枚挙にいとまがない」(球団関係者)

 日刊ゲンダイ本紙の取材に東野も「清武さんのときは、『トレードをまとめてくれない。まとめる気がない』なんて、チーム内で言われてました」と言っている。少なくともチーム内にはそうした印象が定着し、清武の乱の際には渡辺会長も「トレードが成立しない。エビでタイを釣ることばかり要求するため破談になった話も少なくない」と怒っていた。

  「08年オフに日本ハムにトレードされた二岡の話も実は一度、破談している。巨人が当時バリバリのレギュラーだった森本(現DeNA)と左腕エースの武田勝の2人を要求し、日ハム側を呆れさせたからです。正直、このオフは『エビでタイを釣る』というより、『エビでタイをあげちゃう』という印象もありますが、一連のトレードには清武時代の負のイメージを払拭するという狙いもあるといわれています」(前出の関係者)

  もうひとつ、選手の間で囁かれているのが、金銭的事情だ。今季の巨人は交流戦、公式戦、CS、日本シリーズ、アジアシリーズを制覇して、スポーツ紙いわく「史上初の5冠を達成」。ナインはオフの契約更改に向けて、目を輝かせていた。

 「他球団の選手からすれば、ぜいたくを言うなって話かもしれませんが、巨人ナインには、ここ数年、給料の面で我慢を強いられてきた、という思いがある。4年連続V逸となった06年オフの契約更改で、全員が一律で年俸を10%ダウンさせられ、そこから交渉を始めるという経験をしている。『痛みは分かち合わなければいけない。自分の成績が良ければ、それでいいとは思わないでくれ』と球団から言われ、当たり前のことですが、チームの成績こそが最優先という考えを刷り込まれているわけです。現に優勝を逃したここ2年は、球団の提示に不満を抱きながら、渋々、判を押している選手が少なくない。5冠という文句のない結果を出した今季は、これまでの分を取り返すぞ、と鼻息を荒くしていたのです」(チーム関係者)


5冠のチームの内情も大変ですね
小笠原はどうなるのでしょう・・・
copyright © 2005 気まぐれにゅ~す all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。